::早稲田短歌 第32号

「彼女(詩)は自分からやって来なければいけない。ぼくはただテーブルを作ろうとする。それからそのテーブルで食べたり、彼女(詩)に質問したり、彼女といっしょに火をつけたりするのは、きみたちなのだ。」
ジャン・コクトー


特集

早稲田短歌32号インタビュー −穂村弘インタビュー−

a

作品

海の日イブ  秋元裕一

秋の明晰  岡本潤

若葉の表情  木村 瑞穂

足音  小林 友紀子

teen  五島 諭

太陽に触れる  清水 寿子

未完譜  清水 みゆき

迷宮  瀧田 麻由

愛の記憶  天道 なお

題詠吟行十番勝負と近詠四首  永井 祐

ころり  橋元 優歩

ハーフ・ア・イヤー  二又 千文

Frusatology・鬼。・苦い・薫酒たはむる  間崎 和明

メイク落としの謎  三原 由起子

歌災報知器  宮澤 英邦

The Door for a Dormouse  山根 かなえ

a

評論

小池光の昭和末年  岡本 潤

back to index
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー